城山自然学校  令和元年9月14日(土)に開催しました。 
今年で7回目となる、城山自然学校を開催しました。
薄曇り時々晴れの観察日和となったこの日、7家族17名、環境マイスター受講生6名、会員17名、役場環境課2名、合計42名が参加して紫波町城山公園で自然観察会を行いました。昨年同様、植物班と生き物班に分かれて観察を行いましたが、一般参加の子供たちはすべて生き物班を希望し、虫取り網を手に昆虫を見つけては熱心に観察する姿が見られました。植物観察班は、数日前に公園の草刈り整備がされていたため、観察範囲が少なめになってしまいました。植物ではツリフネソウ、生き物ではジャコウアゲハがつがいで見つかり大きな成果でした。
   


あかざわ川自然学校  令和元年7月28日(日)に開催しました。
令和元年7月28日(日)に「あかざわ川自然学校」を開催しました。
気温32度、晴れ時々曇り。18組55名の親子と会員26名が参加し、赤沢公民館近くの赤沢川で水生生物の観察会を行いました。今年も水質階級ⅠⅡに属する生物が多く採取される中、カジカが21匹も採取されて子供たちは大喜びでした。赤沢川で昨年に続き採取できたことは大きな成果でした。
昼には会員手作りの豚汁の振る舞いもありました。


 しわエコまつり       令和元年7月6日(土)に開催しました。
 しわエコ連絡会(環境マイスター紫波・NPO法人紫波みらい研究所・紫波町ごみ減量女性会議・紫波町環境衛生組合連合会)が主催し、紫波町情報交流館(オガールプラザ)において10:00から15時まで開催されました。環境マイスター紫波のブースでは、エコなストラップ作り、エコなクラフト工作、野外でのパチンコ遊びなどに加えて綿あめ提供のコーナーを設け、子供たちや保護者で終日にぎわっておりました。
     エコなストラップ コーナー       エコなクラフト工作コーナー
 古着などの布きれを利用したストラップ作りのコーナーで、大人も子どもも、好きな色合いの布きれを選び、針と糸で愛らしいストラップを作っていました。金魚とドングリのストラップがかわいいと大人気でした。  木の枝や端材を利用して、鳥や動物をを工作するコーナーで、子ども達は自分の好きな色付けをするなどして楽しそうに工作していました。出来上がった作品を大事に抱えて帰る姿が印象的でした。
        わたあめコーナー       パチンコ遊び コーナー
  昔も今も子供たちが大好きな綿あめを会場のコーナーで無償提供しました。残念ながら今年は開始一時間ほどで機械に不具合が生じ、早々の店じまいとなってしまいました。  昔ながらのおもちゃとして、木の枝を利用したパチンコで、弾は小枝をカットしたものを使用し、輪ゴム以外は、天然素材の廃品利用です。子ども達は約3メートル先の的を狙って夢中になって遊んでいました。



城山自然学校  平成29年9月23日(土)に開催しました。 
今年で5回目となる、城山自然学校を開催しました。爽やかな秋晴れの下、17名の親子の方に今年度の環境マイスター受講生の8名も加わり、山野草観察、生き物観察のほかに、、パチンコ遊び、竹馬遊びなどを行いました。2班に分かれて観察したほか、今年は佐藤会長をリーダーに昆虫大好きな特別班が急きょ結成されて、短時間ではありましたが充実した観察会になりました。お昼にはマイスターメンバーが調理した美味しいトン汁を頂き、参加者の方々にも喜んでいただくことができました。
 
   
2017城山自然学校のチラシはこちらです


あかざわ川自然学校  平成29年7月22日(土)に開催しました。
平成29年7月22日(土)に「あかざわ川自然学校」を開催しました。
気温29度、水温19度、くもり、雨が心配された中での水生生物観察会、26組72名の親子が参加し、子供たちは夢中になって虫や魚を捕まえ、マイスターのメンバーと図鑑を見比べては名前を確かめていました。もう少しで終わるところで雨が降り出し、赤沢公民館へ移動してのまとめになりました。捕まえた水生生物の種類の結果、赤沢川が汚染の少ないきれいな水の川ということを納得したようでした。昼には豚汁の振る舞いもあり、皆様に満足していただけた自然学校でした。

2017あかざわ川自然学校のチラシはこちらです



 しわエコまつり       平成29年7月2日(日)に開催しました。
 しわエコ連絡会(環境マイスター紫波・NPO法人紫波みらい研究所・紫波町ごみ減量女性会議
・紫波町環境衛生組合連合会)が主催し、紫波町情報交流館(オガールプラザ)において10:00から15時まで開催されました。環境マイスター紫波のブースでは、エコなストラップ作り、エコなクラフト工作、野外でのパチンコ遊び、などに加えて綿あめ提供ののコーナーを設け、子供たちや保護者で終日にぎわっておりました。
     エコなストラップ コーナー       エコなクラフト工作コーナー
 古着などの布きれを利用した、ストラップ作りのコーナーで、大人も子どもも、好きな色合いの布きれを選んで、針と糸で愛らしいストラップを作っていました。金魚とドングリのストラップもかわいいと大人気でした。  木の枝や端材を利用して、鳥や動物をを工作するコーナーで、子ども達は自分の好きな色付けをするなどして楽しそうに工作していました。出来上がった作品を大事に抱えて帰る姿が印象的でした。
        わたあめコーナー       パチンコ遊び コーナー
  昔も今も子供たちが大好きな綿あめを会場のコーナーで無償提供しました。予想通り子供たちに大人気。自分で綿あめつくりに挑戦する子供たちも多く、楽しそうな声が響いていました。  昔ながらのおもちゃとして、木の枝を利用したパチンコで、弾は小枝をカットしたものを使用し、輪ゴム以外は、天然素材の廃品利用です。子ども達は約3メートル先の的を狙って夢中になって遊んでいました。


城山自然学校  平成28年10月1日(土)に開催しました。 
今年で4回目となる、城山自然学校を開催しました。爽やかな秋晴れの下、33名の親子の方に今年度の環境マイスター受講生の8名も加わり、山野草観察、生き物観察のほかに、、パチンコ遊び、、年輪パズル、竹馬遊びなどを行いました。お昼にはマイスターメンバーが調理した美味しいトン汁を頂き、その後は採取した昆虫類の説明を交えての環境学習をおこないました。大変充実した自然学校となり、参加者の方々にも喜んでいただくことができました。
 
   
   
城山自然学校のチラシはこちら


あかざわ川自然学校  平成28年7月23日(土)に開催しました。
平成28年7月23日(土)に「あかざわ川自然学校」を開催しました。
気温25度、水温17度、晴天、時折微風が吹き、川での自然観察会には絶好のお天気でした。32組の親子が参加し、子供たちは夢中になって虫や魚を捕まえ、マイスターのメンバーと図鑑を見比べては名前を確かめていました。その結果、赤沢川が汚染の少ないきれいな水の川ということを納得したようでした。昼には豚汁の振る舞いもあり、皆様に満足していただけた自然学校でした。

あかざわ川自然学校のチラシはこちら


 しわエコまつり       平成28年7月9日(土)に開催しました。
 しわエコ連絡会(環境マイスター紫波・NPO法人紫波みらい研究所・紫波町ごみ減量女性会議
・紫波町環境衛生組合連合会)が主催し、紫波町情報交流館(オガールプラザ)において10:00から15時まで開催されました。環境マイスター紫波のブースでは、エコなストラップ作り、エコなクラフト工作、野外でのパチンコ遊び、などに加えて綿あめ提供ののコーナーを設け、子供たちや保護者で終日にぎわっておりました。
     エコなストラップ コーナー       エコなクラフト工作コーナー
 古着などの布きれを利用した、ストラップ作りのコーナーで、大人も子どもも、好きな色合いの布きれを選んで、針と糸で愛らしいストラップを作っていました。  木の枝や端材を利用して、鳥や動物をを工作するコーナーで、子ども達は自分の好きな色付けをするなどして楽しそうに工作していました。出来上がった作品を大事に抱えて帰る姿が印象的でした。
        わたあめコーナー       パチンコ遊び コーナー
  昔も今も子供たちが大好きな綿あめを会場のコーナーで無償提供しました。予想通り子供たちに大人気で、行列ができる場面もたびたび。綿あめを手にした子供たちの笑顔に、担当者も汗をかきながら頑張っていました。  昔ながらのおもちゃとして、木の枝を利用したパチンコで、弾は小枝をカットしたものを使用し、輪ゴム以外は、天然素材の廃品利用です。子ども達は約3メートル先の的を狙って夢中になって遊んでいました。約半世紀前の子供も昔を懐かしみながら楽しんでいました。


城山自然学校  平成27年9月12日(土)に開催しました。 
今年で3回目となる、城山自然学を開催しました。山野草観察、生き物観察のほかに、葉っぱでのお面作り、パチンコ遊び、石パズル、年輪パズルなどを行も行い、参加した44名の親子には大変喜んでいただけました。また、お昼には美味しいトン汁を頂き、その後は採取した昆虫類の説明を交えての環境学習をおこなって、大変充実した自然学校となりました。
 
   
城山自然学校のチラシはこちら 



あかざわ川自然学校  平成27年7月25日(土)に開催しました。
平成27年7月25日(土)に「あかざわ川自然学校」を開催しました。
あいにくの前日来の降雨で赤沢川は増水し、雨も降り続いたため、赤沢公民館での室内開催となりました。川に入っての水生生物探しが出来なかったことは残念でしたが、参加者の皆様には満足していただけた自然学校でした。

あかざわ川自然学校のチラシはこちら


 しわエコまつり   平成27年10月10日(土)に開催しました。
 しわエコ連絡会(環境マイスター紫波・NPO法人紫波みらい研究所・紫波町ごみ減量女性会議
・紫波町環境衛生組合連合会)が主催し、紫波町情報交流館(オガールプラザ)において10:00から15時まで開催されました。環境マイスター紫波のブースでは、エコなストラップ作り、バードコール工作、エコな洗剤(さいかち洗剤)の展示・進呈、野外でのパチンコ遊び、などのコーナーを設けましたが、環境マイスター紫波の各コーナーは終日にぎわっておりました。
     エコなストラップ コーナー       バードコール コーナー
 古着などの布きれを利用した、ストラップ作りのコーナーで、大人も子どもも、好きな色合いの布きれを選んで、すばらしい
ストラップを作っていました。
 木の枝や端材を利用した、バードコール(鳥の鳴き声に似た音のするもの)を工作するコーナーで、子ども達は自分の好きな色付けをするなどして楽しそうに工作していました。
    エコな洗剤(さいかち洗剤) コーナー       パチンコ遊び コーナー
 佐比内さいかち工房の協力を得て、「さいかち洗剤」の展示
説明及び進呈を行いました。さいかちを煮出して作った天然
植物性の洗剤で、地球環境にもやさしく、使用する人の肌に
もやさしい洗剤です。
 昔ながらのおもちゃとして、木の枝を利用したパチンコで、弾は小枝をカットしたものを使用し、輪ゴム以外は、天然素材の廃品利用です。子ども達は夢中になって遊んでいました。約半世紀前の子供も昔を懐かしみながら楽しんでいました。



  
 トップページ   プロフィール   活動状況   出前授業   水質保全団体支援   ごみ減量・分別説明   スキルアップ   会 報 
環境マイスター紫波
100年後の子どもたちへよい環境を残すために活動する環境マイスター紫波(しわ)